ヘッドホンがぼろぼろに!

僕はここn年来(nは任意の整数)、ヘッドホンはATH-M50のコンプリートホワイトを使用しています。購入当初はいささか自分に見合わない高額な買い物をしてしまったかとも思いましたが、モニターヘッドホンとして定評のある機種ですから、長く使えて今思うと良い選択だったと思います。

ただ、どうしても経年劣化が避けられない部位はあります。合皮で出来ているヘッドバンドとイヤーパッドです。1年ほど前から表面がボロボロ崩れはじめ、少し悲しくなったものです。現在はほとんど剥がれて逆に安定しています。

ヘッドバンドはともかく、イヤーパッドは装着感を損なうのでどうしようかな~と前から考えていました。限定色の白なので交換パッドを入手したければメーカーに注文する必要があり手間です。そして数年後再びボロボロになったらまた買わなければなりませんし、在庫がなくなっている可能性もあります。

 

そういうわけで、イヤーパッドの交換は諦め、イヤーパッドごと覆うカバーであるmimimamoを、教科書を買うついでに某密林で注文しました。

 

サイズはLで、色はグリーンです。ふちの部分にゴムを入れ込めるので、見た目もスッキリしてます。ご覧の通り右側はハゲハゲで汚れていますが、カバーで覆うことによりバッチリ隠せました。


使用感

購入に当たっての懸念事項として、耳の入る穴をカバーで塞いでしまうのは大丈夫だろうかということがありました。しかし、そのおかげでむしろ、少しきつめだった装着感がやわらいでいい感じです。当方は眼鏡を常用しているのでこれは特に嬉しい点です。

素材はテンセルというユーカリ由来の生地を使用してるらしいです。サラサラした肌触りなので暑い時期でも不快指数が下がりそう。洗えるのもメリットですね。

音質の変化は僕の耳だと分からないです。こもるとか音が遠くなるといったことは感じません。


まとめ

この製品、日本のアパレルメーカーの工場で作られてるみたいですね。確かに縫製が丁寧でした。値段は交換イヤーパッドと同じくらいしますが、劣化を考えなくていい、洗って綺麗にできるといった点を考えると十分検討に値する商品なのではないかと感じました。

メーカーのサイトには丁寧に各ヘッドホンの対応表もあるので、気になる人はチェックしてどうぞ。

ヘッドホンカバーもつけたし、曲作らないとな!

 

それでは。

コメントはTwitterで。

ATH-M50にヘッドホンカバーのmimimamoを取り付けてみた。