後日「僕が曲を作れているとき考えていること」というタイトルの記事が生まれることを願って。両者を比較することで、常に制作できる人間になれそう。

 


①自分がやらなくてもいいのではないか。

ちょっとネタを思いついても、類似の曲を見つけてモチベーションをなくす。ラフを作ったはいいが伸びる気がしない。誰もお前を愛さない。

②音楽制作って、楽しい?

アニメや動画を見たりゲームをしていると一日が溶ける。もうコンテンツは消費するものでいいんじゃないかなあ。

③他にタスクがある。

自分の作品はいつでもいいけど、課題は明日出さなきゃ単位が来ない。明日になれば新しい課題が生まれる。そういえば皿も洗ってないし、洗濯物だってたまっているじゃん。

④音楽制作は報われない?

コメントがつかない。SNSで宣伝してもあまり拡散されない。ネタツイートしてるほうが「いいね」がたくさんもらえて、承認欲求が満たされる。

⑤自分の技量に納得がいかない。

まーた同じコード進行じゃん。歌詞もメロディーも陳腐だ。いい加減ギターの練習をしろ。この前のドラムも同じキットだったよなあ?? あとボーカルがよろしくない。

 


 

はっともっと先生の次回作にご期待ください!

 ←いいと思ったら積極的に拡散していこう。

僕が曲を作れないとき考えていること